読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココチノの本棚

ブログ「ココチノ」管理人の読書ブログ

本の本、2冊

図書館から借りてきたけれど、ほかに優先順位の高いものが出てきて、返却までに読み終えることが出来なさそうなので、記録。

また読みたい、そして、図書館にあることを忘れないために。

 

移動図書館ひまわり号

移動図書館ひまわり号

 

 

 

スローライフのために「しないこと」

暮らし アイデア
スローライフのために「しないこと」

スローライフのために「しないこと」

 

『「限りなく少なく」豊かに生きる』と共に、図書館で借りてきた本。
同じように、ヒントが短い章に分かれて書かれていました。

なんとなく借りてきたのですが、こちらの方がしっくり...日本人が書いたものだから?
装幀がよかったのが、手に取るきっかけでもありました。

 

最近目にした本や過去に知った情報などが載っていて、“あ...わたし、気になってたよね、それ”っていうのを再確認させてもらったような気分です。

たとえば、

パパラギ はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 (SB文庫)

パパラギ はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 (SB文庫)

  • 作者: エーリッヒ・ショイルマン,Erich Scheurmann,岡崎照男
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 
絵本 パパラギ―はじめて文明を見た南の島の酋長ツイアビが話したこと

絵本 パパラギ―はじめて文明を見た南の島の酋長ツイアビが話したこと

 

スローライフのために「しないこと」』の中では、次のように紹介されています。

今から一〇〇年ほど前、南太平洋の島に住むツイアビという人が、世界でもっとも「進んでいる」ヨーロッパを訪ね、そこで見たこと、感じたこと、考えたことを、帰ってから島の仲間たちに話してきかせた。その話をまとめたのがこの本だと伝えられている。題名の「パパラギ」とは、島の言葉で白人とかヨーロッパ人とか、文明人とかを意味する。 パパラギの暮らしぶりや考え方にはツイアビをびっくり仰天させることがたくさんあった。なかでも彼が驚いたのはパパラギが「時間」に対してどういう態度をとっているか、だった。

そう、この本は“スローライフのために”、「時間」をテーマにした本でした。

スローライフ」を目指しているわけではないのですが、「スローライフ」という単語で括っていなかっただけで、方向はそれなのかもしれません。
読んでいて、うんうんと頷くことが多かったです。

そういえば、「弾捨離」もそうでした。
“こんなことしてるの”って話したら、「弾捨離してるんですねー!」って言われて、そういうものかと思ったことがありました。
共通のキーワードがあることで、説明が簡単になるんですね。

 

もう一つ思い出した本、というか場所。
北海道浦河にある「べてるの家」。

安心して絶望できる人生 (生活人新書)

安心して絶望できる人生 (生活人新書)

 
「べてるの家」から吹く風

「べてるの家」から吹く風

 

新聞の記事で知ってから、当時は何冊か読んでいました。
たぶん、この2冊も読んだんじゃないかな。
もう一度読み直したいと思います。

 

しないこと」=「いること(在ること)

今、それを考える機会を得ているんだぁと思い、感謝。

「限りなく少なく」豊かに生きる

暮らし アイデア
「限りなく少なく」豊かに生きる

「限りなく少なく」豊かに生きる

 

狭い部屋で暮らす知恵を...と思って、図書館から借りてきました。
ネットで紹介されているのを見て、具体的な方法が載っていると勘違い。
しかし、載っていたのは、生き方・考え方のヒント。
具体的なヒントも載っていますが、間取りや収納の工夫ということではありませんでした。

ヒントの短い文章があって、作家、思想家の言葉の引用と短い解説。
一つ一つの項目が短いので、すぐに読めて、また分かりやすい文章です。

最近、この構成の本をよく手にしています。
世の中に多いのかしら。

勝手に期待していたのとは違う内容だったけれど、いい出合いでした。
“シンプルな暮らし”ということで、有名な著者らしいのですが、初めてだったので。

新書判のサイズの作りもいい感じです。

わたしの小さな古本屋

わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)

わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)

 

いつだったか、著者の古本屋「蟲文庫」を知って、気になっていました。
苔の本がきっかけだったかしら。 

苔とあるく

苔とあるく

 
ときめくコケ図鑑 (Book for Discovery)

ときめくコケ図鑑 (Book for Discovery)

 

2冊とも持ってます。

彼女が編んだ、本の作りもステキな本も買いました。
ある時、思い切って手放しました(そういう波があります)。 

胞子文学名作選

胞子文学名作選

 

年も近いし、そんなこんなで気になっていたわけです。
そんな時に、この文庫を知り、購入しました。

危なっかしいようだけど、すべてに、丁寧に向き合っているなぁと感じました。

それぞれ一編の長さはバラバラですが、読みやすい文章で、合間やお風呂で読んでいても、気持ちよく読み進めれます。
そして、パラパラと読み返したい感じ。

 

最近、本屋さんの本ばかり読んでいます。
やっぱり、憧れちゃうのです。
そして、本屋さんを尊敬しているのです。

ガケ書房の頃

ガケ書房の頃

ガケ書房の頃

 

ガケ書房には行けずじまいのまま、ホホホ座が誕生。
ミシマガジンの記事を読んで、この本を読みたくなりました。

「ホホホ座」という名前が、“襲名し放題”という記事にも引っ掛かりました。
行ったこともないくせに、「ホホホ座」で何かしたい。

ホホホ座通販で購入、サインをお願いしたら、
SONOBA SHINOGI”と書かれていました。

消極的にその場しのぎで生きてきたわたし、なんだか嬉しかったです。

 

本屋でのんびり過ごして出合った本

ジブン

特に目的も無く、少し大きめの本屋さんでブラブラ1時間ほど。
なんとなく、文庫本のコーナーから歩いてみました。

教育のコーナーで目に留まったのが、この本。

消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ (単行本)

消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ (単行本)

 

パラパラと立ち読み。
そして、しゃがみこんで何ページか。

 

小さい頃、「消えたい」と思った記憶があります。
小学校に入学したかどうかの頃。

“自分がある年齢の『ある日』までは生きている、と決めた”ことはありませんが、
勝手に30歳くらいまでに死ぬだろうと思っていました。
病弱でも何でもなく。

そして、いま、人生後半戦。

 

わたしは虐待されてはいないけれど、なんだか近い感情があるように感じました。
ということで、とりあえずこの本は買わず、同じ著者の別の本を買って帰りました。
立ち読みで知ったこの著者の文章に、興味を持ったからです。

『消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ』もいつか読もうと思うので、そのためのメモ投稿。

からだはみんな知っている

ことば ジブン 暮らし
からだはみんな知っている はじめてのクラニアルセイクラル・セラピー (祥伝社黄金文庫)

からだはみんな知っている はじめてのクラニアルセイクラル・セラピー (祥伝社黄金文庫)

 

文庫本となったことで再び開いた『あたらしい自分になる本』。
まえがきに、『からだはみんな知っている』からの引用がありました。

◎3つのあ

あきらめない
あせらない
あてにしない

単行本で読んでいたときには引っ掛からなかったこの部分が気になって、本を取り寄せたのでした。
文庫本として出ていたのも、ありがたい。

「クラニアルセイクラル・セラピー」に基づいたマッサージの紹介も載っています。 
それよりも、文章にとても癒される思いがしました。
今のわたしにピッタリのことばが、ありました。

やさしい言葉ばかりでなく、ハッとさせてくれるような。

「私なんて」という言葉は「私が、私が」と自分ばかり主張している傲慢さと同じものです。まずは、きちんと自分で自分を受け入れましょう。自分を受け入れていないと、人のことも本当に受け入れられないのです。

頭では分かっていても、「だけど...」「そんなこと言っても...」「だって...」となかなか納得できないでいた本当のこと。
シンプルな表現は、頭の中ではゆっくり穏やかな口調で再生され、不思議と反発が起こりませんでした。

常備薬のような本に、また出合えました。