読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココチノの本棚

ブログ「ココチノ」管理人の読書ブログ

大切な病気になったとき、何ができるか考えてみました

モーネ工房を主宰する井上由季子さんが、ご両親の入院で感じ実践した工夫などを紹介されています。

かなわない

植本一子さんの『働けECD』と『かなわない』を読んだ。生々しさが苦しかった。

ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号

ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』。今回のテーマは「食×会社」。内容も作りも面白い、あたらしい雑誌。

幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方

精神科医のきたやまおさむさんの講演と、よしもとばななさんとの対談。印象に残ったのは「普通」と「切実さ」。

女子をこじらせて

「こじらせ女子」ネットでその言葉を見てから、本は読んでいないのに、あぁ自分のことかなぁと思っていた。ようやく今読んだ。雨宮さん、ありがとう。

岩木遠足

帯にある、編者である「岩木遠足」ディレクター 豊嶋秀樹さんの文章が、この本の内容を示してくれています。“話し手のみなさんは、普段は見えにくくなっている当たりまえのことに、それぞれのあり方で気づかせてくれます。”文章で巡るバス遠足。

本屋がなくなったら、困るじゃないか

熱量のある本でした。トークやインタビューの本は、読みにくい印象があるけれど、どんどん読んでしまった感じ。

本の本、2冊

図書館から借りてきたけれど、返却までに読み終えることが出来なさそうな2冊。『移動図書館ひまわり号』『本屋がなくなったら、困るじゃないか』

スローライフのために「しないこと」

「しないこと」=「いること(在ること)」

「限りなく少なく」豊かに生きる

ネットで紹介されているのを見て、、狭い部屋で暮らす知恵が具体的に載っていると勘違いし、図書館から借りてきました。しかし、載っていたのは、生き方・考え方のヒント。それでも、いい出合いでした。

わたしの小さな古本屋

いつだったか、著者の古本屋「蟲文庫」を知って、気になっていました。ほかの著書を読んで気になっていた彼女の日常を垣間見ました。

ガケ書房の頃

ガケ書房には行けずじまいのまま、ホホホ座が誕生。ミシマガジンの記事を読んで、この本を読みたくなりました。

本屋でのんびり過ごして出合った本

本屋でブラブラしていて、目に留まったのは『消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ』。ちょっと衝撃的なタイトル。同じ著者の別の本を買って帰りました。

からだはみんな知っている

『あたらしい自分になる本』のまえがきにあった「3つのあ」の引用がきっかけとなり、手に入れました。文章にとても癒される思いがしました。

「運命の人」と出会うスピリチュアル・レッスン

EFTセラピストの方から教えていただいた、溝口あゆかさんのブログの記事に載っていた本。自分と向き合うワーク(エクササイズ)が、いくつもあり、わたしにはハードでした。

花と葉で見わける野草

身の周りの小さな野草や雑草に目がいくようになり、マクロフィルターでの撮影も始めたので、あたらしいミニ図鑑を買いました。身の周りの小さな野草や雑草に目がいくようになり、マクロフィルターでの撮影も始めたので、あたらしいミニ図鑑を買いました。 “…

あの人はなぜ、お金に好かれるのか?

こういう本では、言っていることはだいたい同じ。「自分を好きになれば、やりたいことは叶うし、お金の問題もなくなる。」その中で、ストンと自分の腑に落ちる文章を書く人に出合ったことは、ラッキーです。

自然栽培

自然栽培 vol.1 作者: 木村秋則 出版社/メーカー: 東邦出版 発売日: 2014/12/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『自然栽培』1号から6号をチャリティーバザーで手放すことにしました。興味を持ってくれる人がいるといいけど。 6号までに載…

「伝わる」印刷物の基本ルール

「伝わる」印刷物の基本ルール: 作り方・発注の仕方がよくわかる 作者: 佐々木剛士,島崎肇則,西村希美 出版社/メーカー: 誠文堂新光社 発売日: 2016/04/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ほとんど読まないまま返却しそうなんだけど、地元の図…

街場の戦争論

わたしにとっては難しい話題・表現もあるのだけれど、面白い本でした。「少しだけあとがき」を読んだら、端的に書いてありましたが、「想像力の使い方」の話。

今までにない職業をつくる

「武術研究者」の視点・経験からの意見・捉え方が新鮮です。体を通して感じたり、考えたりすることへの関心が強くなりました。

那覇の市場で古本屋

ここのところ、本屋さんへの憧れが再燃中。ネットで「古本屋」をキーワードに探しているうちに見つけたのが、この本。沖縄の出版社だし、図書館には無いかなぁと思いつつも探してみたら、ありました!

スペクテイター「コペ転」

今まで知らなかった雑誌ですが、京都の書店 誠光社の堀部篤史さんのインタビューが載っていることを知り、手に取りました。そうか、そういう生き方があるんだー!という7人が登場。

町の本屋

図書館で、ふと手に取った本です。 あー、本屋さんに勤めたい!と思いました。

苦しまなくていいんだよ

プラユキさんが副住職を務めるタイのスカトー寺に訪れた人々のエピソード、興味を持ったきっかけの「瞑想」、夢の解釈の話など、興味深い内容です。 具体的なエピソードを中心に、分かりやすく書かれています。

できることからはじめています

環境問題について、9組の方々と広瀬裕子さんがやっていることの共有。タイトルの通り「できることからはじめればいいんだな」って、シンプルに感じました。

自然療法が「体」を変える

東城百合子さんの本を読んでみたいなぁと思いながら、数年経ってました。 先日、図書館から借りた『自然療法が「体」を変える』。心に響いたのは、自然とのかかわりについての文章でした。

里山資本主義

付箋をたくさん付けて、読み終えた後、その場所を再び読み直し、ノートに書き写し。ここに引用するのは、最終総括の章で、藻谷さんが書かれていた部分です。

透明の棋士

将棋のことは、ほとんど分かりません。そんな浅い知識でも、その人としての魅力にグイグイ引き込まれます。登場する棋士の方々の無垢さ、真っ直ぐさに痺れます。

自分をちゃんと好きになる

「自分をちゃんと好きになる」特集で一番心に響いたのは、辻信一さんのことば。“自分はつながりの中の一部だと思えば、可能性は無限大です。”

一〇三歳になってわかったこと

103歳の現役美術家 篠田桃紅さんのことば。安心させてくれる、ハッと気づかせてくれる、ことばたちにたくさん出合えました。

ちゃぶ台

“一冊入魂”のミシマ社が作った雑誌『ちゃぶ台』。届いたそれは、見た目も中身も期待以上。わたしの中のモヤモヤがかなり晴れる ことばに出合えました。

誰もいない場所を探している

徳島県にあるコーヒー屋 アアルトコーヒー 庄野雄治さんの本。一番好きなのは、「好きなものを全力で好きと言いたい」という文章。今年、さまざまな場面で強く感じたことが“好きなものを好きと言える強さ”みたいなこと。

あたしとあなた

谷川俊太郎さんのことばに触れられる、そんな感じ。うつくしい詩とブックデザイン、ちょっと官能的ですらある詩集。

人生が一瞬で好転する「ダメな自分」とサヨナラする本

ウィリアム・レーネン著『人生が一瞬で好転する「ダメな自分」とサヨナラする本』。「ダメな自分」と戦ってます。

2週間でお金の悩みがゼロになる魔法のレッスン

2週間のレッスンが終わって、まだ1週間未満。トイレ掃除とお財布の整理は実践。お金の変化はまだ無いけれど、自分の中の変化はありました。

予定日はジミー・ペイジ

角田光代さん著のマタニティ小説。ほんわりしあわせな気分になりました。なぜかしら、読んでるうちに涙も何回も出て、スッキリもしました。

はなのほん

やさしい花壇の本を探していて、見つけました。やさしいは、「易しい」と「優しい」。ページを開いていると、植物がいとしく思えます。

土の学校

無農薬・無肥料で栽培した「奇跡のリンゴ」で知られる、木村秋則さんが話した内容をまとめたもの。とても読みやすい本。いちばん心に残ったのは、「自然は無駄なことはしないのです」という言葉。

いつも素敵な人、いつまでも若い人

服部みれいさんの文章が載っていたから、吸い寄せられるかのごとく、購入。あさのあつこさんと小松エメルさんの対談の中のことばに、発見がありました。

これならできる!自然菜園

自然栽培に興味があり、少しずつ始めようと思ってますが、まずは知識から。面白そうと図書館で借りてきました。 「自然菜園は、耕さず、草は抜き取らずに刈って敷いて、草の命を全うさせ、草と野菜を共に育てます」

食べると暮らしの健康の基本

BOOK MARKETでのトークイベントに参加した、たなかれいこさんの著書。「排出(排毒)」と「判断」というキーワードが、わたしに残った。

知ろうとすること

二ヶ月以上前に読んだ際に付箋で印してたのは、震災や原発事故とはズレたところだったが、全体を通して、その「姿勢」は感じた。

ヒップな生活革命

『ヒップな生活革命』を読んだ。

センスは知識からはじまる

水野学さんの『センスは知識からはじまる』と福田敏也さんの『なんとなく企画クリエイティブの仕事をしたいと思っている人のなんとなくをなんとなくじゃなくする本 なんクリ』を読んだ。

好きな人にモテる女になるたったひとつの魔法

企画・編集の河田実紀さんのミシマガジンでの連載をきっかけに買った、いつもなら手に取らないタイプの本。「たったひとつの魔法」は、それらを通して近づける“生粋の自分で生きること”。

幸福なる人生

幸福なる人生 作者: 中村天風 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2011/10/27 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (5件) を見る 正月早々に胃腸風邪を引き、布団の中に居る時間が長くなった。昨年末から、気持ちの落ち込みと波…

本当はちがうんだ日記

穂村弘さんのエッセイ。ちょこちょこ読んでいたけれど、初めて自分で買った。面白くて、赤線をいっぱい引いた。自分があぶり出されるようで、ちょっと切ない。

思うとおりに歩めばいいのよ

ターシャ・テューダーの言葉を集めた本。

Nobody knows

奈良美智さんのドローイングが大好きだ。ページをめくっていると心が落ち着くので、ときどき思い出したように開く。