読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココチノの本棚

ブログ「ココチノ」管理人の読書ブログ

かなわない

かなわない

かなわない

 

『ちゃぶ台 vol.2』を読んで、気になった植本一子さん。
彼女の本を読みたいなぁと思っていたら、知人が『働けECD』と共に貸してくださいました。
感謝!

発行順に、まずは『働けECD』から。

働けECD わたしの育児混沌記 (ミュージック・マガジンの本)

働けECD わたしの育児混沌記 (ミュージック・マガジンの本)

 

読み始めて、最初に浮かんだのは「なんじゃ、こりゃ!」。
その生々しさに、驚いたのです。
え、こんなこと書いていいの?
もともとブログに書いてたそうだけど、そんなこと公開しちゃうの?と。

そして、わたしは経験しないであろう出産・育児というものは、こんなに孤独なのか、と愕然としました。
母も近い想いをしただろうなぁと、感謝の気持ちが生まれました。

 

『かなわない』は、もっと生々しい。そして、激しい。
まだ癒えていない、とじていない傷口を見ているような気分。
その激しさに「ついていけない」「分からない」と感じながらも、読み進めるのを止められませんでした。

2014年に現れた「先生」の言葉が沁みました。
読んでいて、苦しいくらい。
程度は違うけれど、同じような苦しみをずっと感じていたので、自分が言葉をかけてもらっているような思いがしました。

この言葉に出合うために、この本を開いたのかもしれないと。
『女子をこじらせて』もそうでしたが、読むのが苦しいけれど、自分を慰めてくれる本に出合えています。
読んでも、今なら耐えられるから、出合ったのかも。
若いときは、共感する苦しさに沈み込むことの方が多かったです。

今度は、「先生」の本も読んでみようかな。

 

生々しいけれど、途中からは私小説を読んでいるような感じもしました。
それから、植本さんの文章、やっぱり好きだなぁと思いました。
『ちゃぶ台』での文章を読んで感じた通り。
彼女の写真も、今度観たいです。

 

植本さん、ちょっと落ち着いた人生になって行くのだろうかと思っていたら、新刊は『家族最後の日』というタイトル。

家族最後の日

家族最後の日

 

特設サイトが出来ていました。
植本一子『家族最後の日』特設サイト - 太田出版