読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココチノの本棚

ブログ「ココチノ」管理人の読書ブログ

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

 

『本の逆襲』を書いた内沼晋太郎さんの著書。
知人の本棚から借りてきた。

左右両開きで、右開き縦書きで「本の未来をつくる本」、左開き横書きで「仕事の未来をつくる本」という内容だ。
装丁も凝っていて、面白い。

 

「本の未来をつくる」方に興味あって借りたのだけど、より面白かったのは「仕事の未来をつくる」方だった。
「仕事の未来をつくる」ことは、自分の生き方を決めることに繋がる。

「やりたいこと」が具体的に見える人は、動きやすい。
私は、それがハッキリしない。
だからかな、仕事とか生き方、ビジネス書や自己啓発本というジャンルを読んでも、ピンと来ない。

この本には、具体的に「やりたいこと」を見出す方法が書いてあった。
「やりたいこと」が明確でない場合は、「なりたい感じのイメージ」を膨らませてみるといいそうだ。
「なりたい感じのイメージ」も浮かばない場合は、「好きなもの」「嫌いなもの」を出来るだけたくさん挙げてみる

誰かが望んだり喜びそうな答えでなく、自分自身から答えを見つけることが大事。

 

「本の未来をつくる仕事」では、内沼さんが手がけたり関わったり考えたりしているプロジェクトに関するページが面白かった。
ブックリスト収集や、文庫本を写真立てとして捉える企画が面白かった。