読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココチノの本棚

ブログ「ココチノ」管理人の読書ブログ

本屋がなくなったら、困るじゃないか

2015年11月に福岡市で「ブックオカ」のイベントとして2日間にわたって開催された「車座トーク 〜本と本屋の未来を語ろう」の内容と、2016年に取材されたインタビューで構成されています。

熱量のある本でした。
トークやインタビューの本は、わたしには読みにくい印象がありますが、引き込まれるように、どんどん読んでしまった感じ。

本と本屋の話だからでしょうか。
危機感をこの本から感じたからでしょうか。

登場人物が多いので、外国の小説を読むかのごとく、ときどき混乱しつつ。

 

本の出版・卸・物流・小売の実情が垣間見られて、“やっぱり、大変なんだなぁ”と感じます。
反面、登場する方々は、みな楽しそうでもありました。

現状に対する不満を漏らしていたって、何も変わらないってことか。
それは、本の周辺だけじゃなく、すべてのことに共通することなのかもしれません。

 

後半のインタビューの中で、ミシマ社代表の三島邦弘さんが、企画中の本の話をしていました。

実はいま、「小商い実践シリーズ」、実際そう銘打つかはわかりませんが、映画館やパン屋、本屋などの業種で、自分の貯金で始められるような小商いレベルのお店の具体的な作り方を提示する本を準備しているんです。

面白そう!

Amazonが台頭する中で、本の周辺、街の本屋はどうなっていくのか?という話なのに、Amazonの商品紹介を載せるわたし。