読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココチノの本棚

ブログ「ココチノ」管理人の読書ブログ

すばらしい日々

暮らし ジブン
すばらしい日々

すばらしい日々

 

カーリルで調べたら、地元の図書館にあった。
図書館の机で読み始めた。
家とも、お気に入りのカフェとも違う読書時間。
今までは、図書館の机を使うのは、調べものやパソコンで作業するときだった。

ばななさんの文章って、こんなに優しかったっけ?
一篇一篇、沁みてくる。
不意に鼻の奥がツーンとし、涙と鼻水が出そうになっていることに気づく。

頭が(心が)思う前に、文章からダイレクトに受け取った感じ。
そういう経験はあまり無いけれど、喩えて云うなら、優しくただ抱きしめてもらった感じだ。
まるごと受け容れてもらえたような...。
自分でも、何云ってんだ?っていう感じ方だけど、そうなんだからしょうがない。

家に帰って、雨音を聴きながら、続きを読む。
吉本隆明さんの“最後まで諦めなかった”姿を感じた。
だいぶ前に、ほぼ日のイベントで吉本さんの声を聴いたことを思い出す。
2003年...本当にだいぶ前だな。

正直、話は難しくて理解できてなかったけど、吉本さんの情熱はビシビシ感じた。
すげー人だ!っていうのは分かった。

 

ばななさんのご両親に対するまなざしは、70を迎える親を持つ身としては、共感する部分もある。
おかげ様で、うちの両親は元気だけれど。
しかし、共感や感謝と同時に、私はそんな優しい気持ちで接する自信がない。
ただ、その時が来たら、優しい気持ちで過ごせたらいいなぁと思う。

 

この本は、買って手元に置いておきたいと思う。
そして何度も読み返すと思う。
ここに書かれている「すこやかさ」や「ていねいさ」を持ちたいから。