読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココチノの本棚

ブログ「ココチノ」管理人の読書ブログ

かっこいい人たち 岩崎航さん

『かっこいい人たち4 岩崎航さん』

十日町情報館で貸し出しされていた、冊子。
書かれている人は、『点滴ポール 生き抜くという旗印』の著者、岩崎航さん。
書いたのは、別府倫太郎さん、11歳。

11歳とはいえ、「君」とは言えないような文章だ。
別府新聞を発行している彼が、岩崎さんに会いに仙台へ行き対談してきたことをまとめている。
別府新聞 ネット版でも「かっこいい人たち」は読める

「病気・病」っていうのと、
「病魔」っていうのがあると思うんです。
そして、「病」と「病魔」というのは、
全く違うものじゃないかなと思っているんですね。

これに続く岩崎さんの言葉が、響いた。
「痛み」についても同じようなことが云えると思う。

 

『点滴ポール 生き抜くという旗印』を読んだことで、別府倫太郎さんの文章に触れることが出来た。
彼の名前は、ネットや新聞で見かけたことがあったけれど、彼の文章を読む機会は無かった。
今回、いいタイミングで、この冊子を見つけられた。

ほかの「かっこいい人たち」の話も読んでみよう。
ネットで見られるのもいいけど、本(冊子)になっていて良かった。